kakeyo オンカジk8 カジノ病院で家族つないだ「窓」 等身大映像で画面越しに面会仮想通貨カジノパチンコハイ スクール フリート パチンコ 甘 デジ

kakeyo オンカジk8 カジノ病院で家族つないだ「窓」 等身大映像で画面越しに面会仮想通貨カジノパチンコハイ スクール フリート パチンコ 甘 デジ

free spins real casinok8 カジノ

パチンコ matrix 等身大の映像と音声を伝える装置が新型コロナウイルス禍での“面会”の手段として病院や介護施設などで活用されている。5月に米国での心臓移植手術が成功した神奈川県葉山町の森木花ちゃん(4)も3歳の誕生日に家族と画面越しで会ってお祝いし、厳しい生活の中で笑顔と元気を得ていた。「離れていても家族の温かさを共有できる」。木花ちゃんの母親は先端技術が多くの患者や家族らの支えになることを期待する。

photo画面越しに面会した森木花ちゃんと兄(手前)=きかちゃんを救う会提供

 55インチの大型縦長画面に遠距離の相手の等身大の姿や周囲の様子を映し出し、音声も鮮明に伝えて、目の前にいるように感じさせる装置「窓」が9月20日、東京都内でお披露目された。

 ソニーグループで研究開発に取り組んできた阪井祐介氏が新会社「MUSVI」を設立。この日に記者会見でソニーグループやクラウド防犯カメラシステムのセーフィーなどの出資を受け、「窓」を使った遠隔コミュニケーションシステムの事業を開始したことを発表した。

 ソニーの社会貢献活動などとして既に病院での面会、出産の立ち会いといった場面で活用され、「家族の絆を感じていただいた」(阪井氏)。「窓」は国立成育医療研究センター(東京都)で入院中だった木花ちゃんと両親、小学生の兄との家族面会にも使われた。

 木花ちゃんは1歳4カ月の時に心臓の働きが低下する「拡張型心筋症」と診断され、2020年3月、別の病院から同センターに転院。コロナ禍で面会も制限され、兄がずっと会えない状況が続いた。木花ちゃんの病状が悪化する中で兄妹の面会をセンター側に相談したところ、木花ちゃんが3歳の誕生日を迎えた3年2月26日に「窓」を活用した誕生日会が実現した。

 木花ちゃんと母の理恵子さん(47)がいる病室と、父の賢吾さん(42)と兄がいる別室にそれぞれ設置して面会。「本当に窓を開けて、目の前にいる感じだった。やっと会えたと思った」。兄はこう振り返る。

 画面越しに兄が誕生日プレゼントを渡すしぐさをして、木花ちゃんのそばにいる理恵子さんがそっと目の前に出す演出に木花ちゃんは驚き、喜んだ。演出を考えたのは兄だったといい、理恵子さんは「2人のうれしそうな、照れたような表情をみて、(手術を成功させて)絶対に会わせると決心した」と話す。

 両親の友人らでつくる「きかちゃんを救う会」が米国での心臓移植手術の費用を集める募金活動を行い、木花ちゃんは22年5月に手術を受けて8月に帰国。家中に木花ちゃんと兄が一緒に遊ぶ元気な声が響き渡る生活が戻った。

 理恵子さんは先端技術を使った面会のシステムを導入する動きをこう歓迎する。「大変な治療の中でも家族の温かさを共有し、生きる楽しみを思い出させてくれる環境ができてほしい」

photo大型縦長画面に映し出された相手と会話するMUSVIの阪井祐介最高経営責任者(左)=9月20日、東京都内(高久清史撮影)仮想通貨カジノパチンコrugby world cup login

kakeyo オンカジk8 カジノ病院で家族つないだ「窓」 等身大映像で画面越しに面会仮想通貨カジノパチンコハイ スクール フリート パチンコ 甘 デジ

コメントを残す

業界連盟:エルドラ カジノ K8カジノ k8 カジノ カジノ ゲーム カスモ カジノ |Feed | RSS | sitemap.html | Sitemap