ビット コイン 現在 の 価格 はk8 カジノパナソニックが家事手助け 月1万8000円で雑務代行仮想通貨カジノパチンコgmo から バイナンス

ビット コイン 現在 の 価格 はk8 カジノパナソニックが家事手助け 月1万8000円で雑務代行仮想通貨カジノパチンコgmo から バイナンス

デジタル 通貨 取引 所k8 カジノ

中央 デジタル 通貨 パナソニックホールディングスは9月13日、米国で展開する家庭の雑務をサポートする会員制コンシェルジュサービス「Yohanaメンバーシップ」を15日から日本国内でも提供すると発表した。月額1万8000円で専門家チームが家事や子育ての相談に応じ、必要な手配などを代行する。神奈川県からスタートし、今後、順次提供エリアを拡大していく。

 同サービスは、友人への贈り物や軽食の注文、病院の予約といった家庭のさまざまな雑務をサポートする。米Google出身の松岡陽子執行役員が立ち上げ、現在は米シアトルとロサンゼルスで展開している。米国での料金は月額249ドル(約3万5000円)。

 サービスには専用アプリを使用する。例えば予定リストに「子供の誕生日」の情報を入力すると、専門家チームが贈り物やケーキの注文先を提案し、手配まで行ってくれる。チームは役割ごとに「スペシャリスト」「リサーチャー」「ガイド」に分かれており、各家庭の特徴に応じた提案や長期視点でのくらしのサポートなど、さまざまな形で利用者の生活を支える。

 安心・安全への要求が高い日本向けには、掃除や出張調理など家の中に入るサービスについて、品質を保証したプロを派遣する「Yohanaプライムネットワークプロ」も提供する。

 期間限定で月額8000円で利用できるキャンペーンも実施。松岡氏は「パナソニックの製品との連携や、高齢者世帯をターゲットにしたサービス展開も検討したい」と話している。

photoYohanaメンバーシップのアプリ画面(パナソニックホールディングス提供)仮想通貨カジノパチンコサムライ ブルー ロゴ

ビット コイン 現在 の 価格 はk8 カジノパナソニックが家事手助け 月1万8000円で雑務代行仮想通貨カジノパチンコgmo から バイナンス

コメントを残す

業界連盟:エルドラ カジノ K8カジノ k8 カジノ カジノ ゲーム カスモ カジノ |Feed | RSS | sitemap.html | Sitemap