パチンコ じゃんけんk8 カジノ「Steam Deck」デカすぎ? 重さは? ゲーム好きマンガ家がゲームショウで体験仮想通貨カジノパチンコ777 タウン トレード 制限

パチンコ じゃんけんk8 カジノ「Steam Deck」デカすぎ? 重さは? ゲーム好きマンガ家がゲームショウで体験仮想通貨カジノパチンコ777 タウン トレード 制限

リスク 仮想 通貨 チャートk8 カジノ

オープン ポーカー 9月15日から4日間、3年ぶりに幕張メッセで「東京ゲームショウ2022」が開催されました。久しぶりに新作ゲームを直に触れるチャンスということで、ボクも会場へ行って気になるタイトルを色々試遊してきました。今回は特別編として、いつもの4コマよりコマ数を増やしてその模様をリポートします!

「東京ゲームショウ2022」のSteam Deckブース

 まずは注目の携帯ハード「Steam Deck」を試遊しました。Steam Deckはゲーム配信サービス「Steam」を運営する米Valveが開発した7インチ液晶ディスプレイ(1280×800ピクセル/60Hz)を搭載するハンドヘルドPC。米AMDのカスタムAPU(Zen2/RDNA2)を搭載し、Steamで配信している数千ものPCゲームをプレイできます。

 実際に手に持ってみると、横幅が約30cmもありかなり大きいです。一方で重さは見た目より相当軽い印象でした。ボタン配置やUI周りにもストレスはないし、アプリも普通に遊べるしで想像以上に好印象。ただし、携帯するにはその大きさがネックとなりそうです。

 その後はコーエーテクモゲームスから発売予定の“三国志死にゲー”といわれている「Wo Long」(PS4/PS5/Xbox Series X|S/Xbox One/Windows)をプレイ。覚えることが多いわりにはすぐに慣れることができ、かっこいいアクションを繰り広げることができますが、かなり硬派なゲームバランスは相当人を選ぶかもしれません。

 他にも色々なゲームを試遊してきたのですが……次回に続きます!

「Steam Deck」の第一印象は?仮想通貨カジノパチンコ路線 バス の 旅 徳光 再 放送

パチンコ じゃんけんk8 カジノ「Steam Deck」デカすぎ? 重さは? ゲーム好きマンガ家がゲームショウで体験仮想通貨カジノパチンコ777 タウン トレード 制限

コメントを残す

業界連盟:エルドラ カジノ K8カジノ k8 カジノ カジノ ゲーム カスモ カジノ |Feed | RSS | sitemap.html | Sitemap